困った時にネット通販でお中元ギフト贈ったら喜ばれました!

お中元を頂くと、とても嬉しい気持ちでいっぱいになります。送って下さった方は、どんな気持ちでその商品を選び、自分に贈ってくれたのだろう?と考えるだけでも、とても有り難くて嬉しいですね。

お中元を贈る際は、贈る相手の方への日頃の感謝の気持ちは勿論の事、ご家族の方にも楽しんでいただけるように名産品や食べ物が多いですね。カタログを見ながら、悩みながら商品を選んでいる瞬間も楽しいひとときでもあったりします。

 

でも、お中元時期になってくると何を送って良いか悩みますよね・・・・

 

食べ物、ビール少しでも、楽しんで頂けたら、和んで頂けたら・・そんな気持ちも一緒に込めて、お中元を贈っていたけど本当に喜んでくれているのかな・・・・

 

そんな不安もありました。

 

でも、このネット通販でお中元ギフトを使ってからは何を送るか困ったこともないし、しかも先方には喜ばれるしかなり重宝しています。

 

何を送っていいかわからない方やデパートや百貨店・スーパーなどに買いに行く時間がない方などとお悩みの方にネット通販でも喜ばれるお中元ギフトもご紹介しています。

 

ぜひ、ご利用になってくださいね。

おススメお中元ギフト

『服部幸應のお取り寄せ』はっとりよせ.comの特徴

日頃お世話になっている方に贈るお中元の品は確かな物を選びたい。そんな人に最適なオンラインショップ。

無添加や減農薬など体にやさしい安全で安心であること、服部幸應氏とスタッフが必ず試食し、自信を持って推薦できるものだけを厳選しています。

価格 評価 備考
3000円 評価5 魚・肉加工・飲み物など

カニ通販かにまみれの特徴

新鮮な4大蟹『毛がに、ズワイガニ、本たらば蟹、花咲蟹!』を中心に、北海道近海で獲れた海産物を全国直送!

市場にあまり出回らない流通希少の高品質の蟹をチルド発送。浜茹での風味そのまま!他ではやらない未冷凍(チルド)がおいしい!顧客満足度91%を誇る正直販売!蟹通販で失敗して経験をお持ちのお客様からも支持多数です!

価格 評価 備考
2980円 評価4 カニ、海鮮

米沢牛通販専門店『さかの』の特徴

米沢牛と取り扱う専門店『さかの』 山形県米沢で50万人以上の方にご来店頂いている有名店のお中元ギフト

お中元、お歳暮などギフトにも喜んでもらえること間違いなし。 本物の米沢牛を感じるなら本場の名店「米沢牛専門店・さかの」がオススメ!テレビでも米沢牛サーロインステーキが紹介されています。

価格 評価 備考
3300円 評価3 お肉

お中元のマナー

古くから行われてきた季節のご挨拶として、お中元を贈る人は少なくありません。日頃お世話になっている感謝の気持ちを表すものとして、先様の顔を思い浮かべながら品物を選ぶのは、楽しい時間でもありますよね。

 

今は、あまり堅苦しく考える必要はないですが、相手に感謝の気持ちが伝わりやすいように基本的なマナーは守りましょう。

 

お中元は社会人としての感謝の気持ちを伝えるにもマナーは大切です。最近の傾向としては、社交辞令的な要素は薄れてきて、日頃お世話になっている方や今後末永くお付き合いしたいという気持ちを表すためにお中元を贈るという方に増えています。

 

コミュニケーションとひとつという考えになってきています。

 

同僚や友人などは堅苦しく考える必要はないと思いますが、やはり基本的には日頃お世話になっている方や今後末永くお付き合いしたいという相手ですので失礼がないように配慮をする必要があります。相手に不快な思いをさせたり配慮をさせたりとしないように最低限度の基本的なマナーを知っておきましょう。

 

お中元の予算《費用》っていくらぐらい?

お中元の予算《費用》としては、両親や親戚などに対しては一般的には5000円程度のものを贈る人が多いようで、さらにお世話になっている方に対しては、5000円から1万円程度が予算となります。

 

取引先へ贈る場合には3000円から5000円程度のものが選ばれます。ただし取引先の場合には、取引金額や仕事上の重要度によって、さらに高額なものを贈る場合も少なくありません。

 

また当たり前ですがお中元の品を選ぶ際には、それぞれの贈られた人が喜んでくれるものを選ぶのが原則です。

 

両親や親戚などの場合には日頃からよく食しているものや季節の品、上司の場合にもご家族構成を考えながら選ぶとよいでしょう。最近では社員の住所等が公開されていないことが多いため、上司に贈る場合には早めに住所等を確認しておくことも大切です。

 

お中元の時期は、北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州地方によってそれぞれ異なってきます。お中元の時期がいつから いつまでかを把握してマナーを守って日ごろの感謝を送りましょう。

 

なおお中元を贈る時期としては、関東の場合は6月下旬から7月15日頃までに、旧盆の習慣がある地域では8月15日頃までに届くように贈るのがマナーです。時期によっては、お中元を贈る人で混み合うこともありますので、ぜひ余裕を持って準備をしたいものです。

 

お中元とは

夏の暑い時期に「お中元」と呼ばれる贈り物が行われるようになったのは、陰暦の7月15日が中元と呼ばれていることが由来です。1月15日の上元、10月15日の下元と共に「三元」と呼ばれる年中行事のひとつでしたが、現在では感謝の気持ちを表す贈り物をする習慣となっています。日頃からお世話になっている両親や上司、取引先などに季節のご挨拶として、お中元を贈る人が少なくありません。